コンテンツへスキップ

ローンが残っている状態で車の売却はできない

車の売却時にまだローンが残った状態だと、残りを全部払い終えてからでなければ売ることは不可能です。というのは、返済中はローン会社が車の所有権を持っているため、所有者としても普通はローン会社が登録されているからです。残っていたローンを車を売却する以前に払い終えてしまえるようでしたら問題ないものの、できないのであれば例えば買取額から残債を清算するという方法もあります。但しこの場合は相手方の同意が絶対条件となり、いくつかの手続きを踏まなければいけません。車を買い取る前に行われる査定では、査定箇所を細かく分け、それぞれに標準値を設けた上でここはマイナス、こちらはプラスといった具合に客観的な値付けが行えるようになっています。減点評価が免れないものは、ボディやバンパーの目立った傷、ヘコミでしょう。けれども素人手でなんとかしようと修理に手を出したりすると、大きなマイナス点をつけられる状況にもなり得ます。自動車修理の実績と道具があるのなら別ですが、業者に売るのであればヘタに手を加えないほうが良いです。売却先を決める前に複数の会社に査定してもらうことは、高値で車を売却する秘訣といえます。しかし「多くの業者」と言っても具体的な数となると、交渉次第というところもあって単純には決められません。一社にしないで複数の買取業者に見積もらせる意義は何かというと、相場を知って買い叩きを回避するためと、他にも競争相手がいるということで全体的に査定額が高くなることを期待したものです。これらの点を踏まえれば、複数というのは何十社でも数社でも実質変わらないということになります。ある程度を超えて走行した車というものは、中古車として売る際も減点して査定されると思って間違いありません。基準としては5万km以上を多走行車といい、車の状態はどうあれ減点となります。そして総走行距離が10万キロ以上だと過走行車という扱いで、価格がつかないこともあります。かといって車の価値がゼロ円だのといったものではありません。ここは視点を変えてみましょう。過(多)走行車や事故車などを扱う専門業者でしたら、部分ごとに細かく査定して買い取ってくれます。個人店ならいざ知らず、業界各社ではチェックシートをベースに車の買取査定を行うのが普通です。未修理のこの項目はマイナス3点、走行キロ数はプラス2点といった感じでプラスマイナスを加味して最終的な査定額となります。中古車市場でも人気不人気車種は存在しますが、ほかに具体的な見所といえば、事故歴、修理歴、傷、故障、改造パーツの有無、走行距離などです。査定のプロが見るのですから、事故歴や修理の痕を隠そうとしても一目瞭然です。車の状態は悪くなくても総走行キロ数が10kmを超えると、過走行車(多走行車)などと呼ばれ、査定サイトなどを使って売ろうとしても値段がつけられないなどというケースも多いです。リスクがあるから値段がつかないという点では事故車と同じ扱いです。このような場合にも、売却する方法がないわけではありません。走行距離数の多い車を専門に扱う業者や事故車を取り扱っている中古車屋に打診するというのもありです。でなければ下取りを考えるのもありでしょう。それならディーラーも「今後のお客様」相手ですから、それなりの価格を提示してくれるでしょう。自分に落ち度はなくても追突され、外観が大破したり、見た目がそれほどでなくてもシャーシ牽引ともなれば大変です。それはそれでつらいですが、あとでディーラーの下取りや中古車買取に出す際は事故車扱いになりますから、ガタッと査定額が下がってしまうことがあります。本来の価値との差額に相当する部分を保障するよう、事故の当事者である相手に求める場合、ケース別に判例が多すぎてなんとも言えません。それに事故について本人同士で何らかの合意に達したとしても、自動車保険会社からすればそこまで支払い対象にすることはまずありません。訴訟の可能性も視野に入れて弁護士事務所のアドバイスも仰ぎ、次のアクションを起こしましょう。時間に関係なく気が向いた時にできるのがインターネットの良さですが、中古車の査定依頼もウェブだったら簡単にできてしまいます。わずか数分の手間で何十という買取業者の査定額を入手できるので、高値で売却しやすい点が好評です。ただ、ひとつだけ不自由に感じるところがあります。時間があったので深夜に査定サイトに登録したら、深夜でも電話対応している業者から突然、営業電話が殺到することがあるからです。夜の方が都合が良いという人もいますし、迷惑かどうかは個人の事情にもよるのですが、家の電話や仕事先の電話は登録しないほうが無難です。車を査定して欲しいからといって、突然、買取店舗に車で行ってしまうのはよほど急いでいない限りおすすめしかねます。一社では提示された金額が相場かどうかもわからないため、もし損をしていたとしても気づかずに売ってしまうことだってあるでしょう。考えられる利点というと、訪問査定を受けるよりも短い時間で売却できるという点に尽きます。店まで査定対象となる車を運び入れてしまうのですから、売買契約に必要な書類や印鑑が揃っていれば、その日のうちに契約締結も可能です。訪問査定で車の現物を見る際、たばこの臭いが車内についていたりペット臭などがあると減点は免れません。さほど臭わないと思っていても運転者はその臭気自体に慣れっこになっていて気が付かないというケースがほとんどです。こういうものは第三者の方がわかるので、身近な方に確認をお願いするのも良いかもしれません。消臭スプレーやルームフレグランスなどを用いても消し切れるものではありませんから、内装を徹底的に拭き掃除すると良いでしょう。

>>オデッセイ 買取価格 相場