コンテンツへスキップ

中古車の買い取りで後悔しない為に契約書の熟読を

あとで後悔しないために、中古車屋と売買契約を結ぶ際は気をつけなければいけないことがあります。ずばり、「契約書の熟読」、ただそれだけです。不要なことは契約書に書かれていませんから、逆に言えば契約書の内容すべてが重要です。そして契約書は署名捺印が済んだ段階で法的な効力を持ちます。事前説明と異なる契約内容になっていないかなど金額やそれに関する諸条件はよく読んで理解しておく必要があります。裏の小さな文字の文章にも大事なことが書かれていますからすべてに目を通した上で契約書を交わすようにしましょう。査定で業者に来てもらうなら夜間や雨天のほうが総じて査定額が高くなるという俗説があります。晴天ほど車体のキズがくっきり見えるわけではないので、業者が見逃すことを期待しているのです。ただ、そんな儚い期待を抱くより、天気や時間帯を気にせずなるべく多数の業者から見積りをとるほうがずっと良い効果が得られるでしょう。誰だって自分が契約を取りたいに決まっていますから、全体的に提示金額が高くなるというメリットがあります。実用品ですから仕方がないとはいえ、ボディの擦り傷やへこみ等も実車査定をする際に隅々まで確認されるのが普通です。減点対象となるのは誰が見てもわかるような外観の瑕疵であり、言われて初めて気づくような薄いキズ等はあまり査定には影響しないようです。いざ査定となると今まで気にならなかったへこみや小傷までもが目についてくるものですが、仮に修繕に出しても修理屋が身内価格でやってくれない限り、査定アップで修理代をまかなえる可能性はまずないと考えて良いでしょう。個人と業者では修理コストが違うのですから当然です。中古車屋に車で行って当日中に査定してもらいたい時は、お店が特に混雑しているような土休日などでなければ突然の持ち込みでも対応してくれます。ただ、飛び込み査定のときは相場もわからなければ価格競争もありません。つまり本来の価値より低い価格で売却するなどという可能性も否めません。スピード重視ならそれもありかもしれませんが、本来は複数の業者に出張査定してもらい、多くの見積りをとるほうが満足のいく結果が出しやすいです。買取対象となる車を業者が査定する際は、外観や走行キロ数などいくつかの項目で標準値を設定し、加点減点を行い評価額を割り出します。減点評価が免れないものは、車体の外観の瑕疵(へこみ、中規模以上のキズ)でしょう。しかし査定前に気になって素人作業で補修したりすると、逆に減点の度合いが大きくなってしまうパターンも少なくありません。身内が修理工場で自分も腕に覚えがあるというのならともかく、通常はそのままで売りに出したほうが良いでしょう。車の売却時にまだローンが残った状態だと、完済してからでなければ車は売れません。なぜなら返済中の車はローン会社のものであり、所有者としても普通はローン会社が登録されているからです。売る際に残りの債務を完済できるのなら構いませんが、もし不可能なら売却額をもって自動車ローンの残額の支払いに充当するという方法をとれば大丈夫です。もっともそれはローン会社が認めた場合だけであって、もし可能でも手続きも必要ですから普通の売却よりは時間がかかります。ネットの車売却一括見積りサイトを利用して車を売ろうとすると、登録後にさまざまな業者から電話がかかってきます。現物を確認しなければ見積額は決まらないから、訪問査定に来たいという内容ばかりです。どんなにこちらの事情を説明しても電話を繰り返しかけてくる営業マンもいないわけではないので、断るのが大変なら嘘でも良いので「申し訳ないが他店に売却済みです」と言うのが賢い方法です。でなければ、メール連絡のみで電話連絡が来ない見積サイトを使うと、こうした事態は避けられます。これから中古車買取り業者に査定をしてもらおうという場合は特別な支度というのは別に必要ありません。けれども業者が決まって売却するにあたっては、複数の書類が必要になります。印鑑証明は軽乗用車なら不要ですが、普通乗用車の場合は役所にとりにいかねばなりません。さらに、婚姻による氏の変更や引越しで既に住民票を移してしまっている場合などは通常よりも提出書類が増えますから、先に担当者に確認しておくと良いでしょう。車を売る気持ちが固まったら必要な書類を集めておくと慌てなくて済みます。全損というのは、車が修理不能なほど壊れている状態を指します。しかし実際に全損には2種類の意味があります。まずは大幅に修理不能な物理的全損と、あとひとつは修理費が車両保険で賄えない状態になってしまった経済的全損です。事故などの際、車両保険から支払われる額は、生命保険のように確定しているものではなく、その時の市場の評価額を元に算定されます。国内の自動車保険各社のほとんどは日本自動車査定協会が出している市場データの冊子を参照して市場の相場を把握しています。もし実勢価格と違うと思ったら、そのままにせず、交渉に持ち込むという手もあります。車検に通る程度の改造を施した車は、中古車の査定ではどうなるのかというと、一概にこうだと言い切ることはできません。改造パーツといえども評価が高くて人気があれば評価としては若干プラスになるかもしれません。但し、その部分に劣化や損傷が認められれば業者は買取後に修理しなければいけないので、その分だけ減点されるはずです。また、持ち主を選ぶような風変わりなデザインのものも、マイナス要素になりえます。ですから改造車はノーマルの状態に戻して査定してもらい、はずしたパーツは専門店やオークションなどで売却するのが正解です。

チェック⇒エクスファイア 買取相場