コンテンツへスキップ

自分自身のニオイについては最大限の注意をしています

私は人一倍臭いに敏感です。人様の臭いはもちろん私自身の「ニオイ」にも気付く方なので自身のニオイについては最大限の注意をしています。「臭い人」と言われたくないですし、他人に不快な思いをさせたくないので気をつけています。人から出る匂いは汗が出やすい夏季に鼻につきやすくなります。体の臭いが強くなってしまう理由は一つではありません。身体のニオイはその人が基本的に持っている匂いもありますが、多くはその方の日々の習慣に起因します。とりわけ食事と体の臭いには密接な関係があります。動物性脂肪が多い食事内容の方の体臭は臭くなりやすいですし、野菜が多めのバランスのとれた食事内容の方のニオイは弱いことが多いです。「体臭の敵」は脂っこい食事です。なるべく脂質量をへらすことで、きちんとニオイを軽くする事が出来ます。更にはお酒も臭くなりやすいです。お酒を大量摂取した次の日などは口の匂いだけでなく、体から出る臭いも臭くなってしまいます。この様なそれぞれの「生活習慣」がだんだんと我々の体臭を形作っていきます。「体臭」は周囲の人を不快にしてしまうこともあるので、1人1人が意識的に臭わないようにすることが望ましいですね。
気掛かりな身体の「ニオイ」の中でも、自分でどうにかできる体臭もあると思うのです。具体例としては、足の臭いに困っている人は、靴をローテーションで履くようにすれば、それだけでもニオイの程度が変わってきます。私が実践している事なのですが、すごく手軽にできるわりに、防臭効果があります。出来れば洗い替えのシューズを入れても、普通に履く靴の場合は、3足あれば個人的には回していけるということが判明しました。それ以外にもやれることはあって、替えのソックスを絶えず持っていることです。日に何度も替えられるならば、替えて、靴自体が臭くなるのを抑えましょう。ちょっとした匂いだったら、自然脱臭されることが殆どなので、消臭剤などをスプレーするよりも新聞紙を入れることで、臭いを取ってみてはいかがでしょうか。それから、バスタイムに、臭さがある場所はしっかりと洗浄するようにしましょう。なかなか匂いが取れない方は、1日二回入浴をオススメします。クリーンな状態をキープするのは不可能ですが、シャワーのみでボディーソープを使用しなくても80%以上の「汚れ」は落とせることが分かっています。さっさと臭いを消したい時は、シャワー浴でOKなのです。
自分の体臭が気掛かりな人は大勢いると思います。体の匂いというのは他の人の体臭は一瞬で気付いたりしますが、自分自身の事となると鼻がきかなくなり、細かな匂いを把握することが難しくなります。カラダの匂いの中でもとりわけ臭く感じるのがワキの下の匂いです。ことに「わきが」は他人の迷惑になったりします。だけど、適切な対策を打てばわきがの臭いも大幅に軽減させることが可能です。腋臭症の原因はいくつもありますが、生まれつきのものとある時期からなる場合とがあります。生まれつきのものはどうにもならないので、割り切るしかありませんが、後天性のものだったら努力次第で臭いを止められます。大切なのが毎日の脇ケアで、朝晩2回シャワーを浴び、なかでも両脇を入念に洗い上げましょう。そうしてから、ワキの下にじかに塗れるような制汗剤を使用することでわきが臭はだいぶ解消されるはずです。密着型のデオドラント剤は有効性が高いので、日に1回でも良いですし、不安がある方は2度3度と塗るのも良いと思います。自身のわきが臭に気が付くと大変ストレスになりますが、その様な普段からの脇ケアを行うことで改善に向う方が多くいることを願っています。
【PR】チチガ対策でおすすめのクリームは?